アトモキセチンと恐怖

アトモキセチンの詳細に関してはこちら

恐怖感を覚えるようになった。ストレスや社会対する不安により、怯えるようになり、どんなことに対しても恐怖感が強くなったんです。人と話すのも怖いテレビを見るのも怖い、何をするのも恐ろしくなった。この原因とはセロトニンの取り込み障害が起こっているそうです。

担当の先生から説明を受け始めて知りましたが、もともと私はメンタル的に弱く、学生の頃から、人見知りで、人と話すのも苦手でした。このセロトニンは、親の遺伝や、大きなトラブル等が要因で起こってしまうそうです。そのために、病院などで処方された薬が「アトモキセチン」です。脳内のセロトニンの関与が推定された時に、この薬が服用されます。

つまり、アトモキセチンを服用することで、悩まされていた部分を改善する作用があるとのこと。セロトニンを安定、または増やすことで、正常な感情を取り戻すことができる。そのために、恐怖感を抑える音ができるそうです。現状としては、よる寝る前に一錠を服用しています。今まで、恐怖感に伴い眠れないことが多かったのですが、アトモキセチンで、ぐっすりと眠れている。

[PR]
by jzdmsh | 2015-01-10 15:48